こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人

健児の夏

昨秋、今春ともにベスト4の成績を残し、本大会は第三シードで挑んだ夏だった。

初戦、二回戦は二桁得点でコールド勝ち。

 

そして、今日が、最初のヤマ場と見られていた相手のとの試合だった。

トーナメント表が決まってから、互いに順当に勝ち進めば

中盤戦の最大の注目カードとして、どのメディアも見なしていた。

なので、相当厳しい試合になるだろうというのは想像していた。

 

コロナ禍ということで、今回も現地は行けず、ネット配信で観戦することにした。

試合開始は9時である。

 

8時半に近くの公園の池の岩に腰を下ろした。

まずは、コンディション不良で、

全く最近進んでいない英語の勉強を行うことにした。

自分が頑張れば、健児の試合も良い方向へ行くのでは?

という期待を含んでのことだった。

 

実際、まだ、6月分のテキストが終わってない。

試合開始時間になっても、勉強を続けた。三日分を進めることが出来た。

 

9時半くらいになって、スマホでネット配信に接続してみた。

期待と不安とが入り混じる。

 

 

画面の右下に小さく表示されたスコアを見て、目を疑った。

老眼なので見づらかったのだが、何度確かめてみても、

2回終了で5点差でリードされている表示。

 

一瞬にして、「負け」を確信し、直ぐにネットをやめた。

 

守備でリズムを作り、少ない好機で得点をあげるのが健児の野球。

相手投手は好投手の呼び声高いため、反攻は期待出来ない。

 

ぐったりし、気づけば、口を半開きにして、

ぼーっとするいつもの自分に戻っていた。

 

明日から戦場に戻される。

そこには自分の意思は無く生殺与奪されるだけの世界。

 

腹痛になってきたので、家に帰ることにした。

着くや否やトイレに直行した。

 

試合結果を確認すると、最終的に7点差でコールド負け。

シード校としての責任が果たせずに短い夏が終わった。

ほんとうに強豪私学に勝利するというのは至難であると感じる。

 

 

辞めたい

 

午前中は、下痢になりつつもなんとか乗り越えることができた。

だが、午後になると風向きが大きく変わった。

 

まず、2週間前から大炎上事案の対応のため綿密に計画を練り上げて、

ようやく道筋が立ったと思った少し安堵していた矢先に、

今回の事案を引き起こした問題部署の連中が、

今までのこちらの辛苦を全てお釈迦にするチョンボをした。

モロに被害を受けたこちら側は、もう一度、ゼロからやり直すことになった。

協力者には徹夜・休日出勤のお願いをしなければならなくなりそうだ。

 

もうひとつ、人員削減したしわ寄せが、早くもやってきた。

単純計算だと、月に300時間分の業務を受け持つことになる。

残業140時間に相当する。

会社に残った(自分は、強制的に残されたのだが)人のほうが地獄を見る構図。

予測されていたことだが、早くも現実味を帯びてきた。

 

打開したい

最近では珍しく3日連続の投稿。

 

早期覚醒により、5時前に目が覚めるた。

「ホーホケキョ」とウグイスの鳴き声がした。

 

下痢を出し切り、吐き気もひと段落ついた後に、

撫で肩に重い荷物を背負って、家を出た。

ひとつ先の停留所まで3分歩けば40円の節約になるのだが、

肉体疲労と胃腸虚弱と蒸し暑さで歩く気力が沸かない。

 

もっといい節約は、在宅勤務にすることだ。

そうすると450円の交通費節約になるのだが、炎上事案対応とお気楽に

仕事を振ってバックレる人のせいで、ほぼ毎日出社することになっている。

 

意思表示の弱さ、引っ込み思案で、自分を出せずに貧乏くじ。

感染=死の身なので、満員の電車やバスは避けたいのだが、それすら言い出せない。。

 

宝くじさえ当たれば、人生上がれるのだが。。。

このままではじり貧なので、

今のサマージャンボに5000万円突っ込んで、7億円に増やすというような

ギャンブルが出来る度胸があればな。。。

弱小メンタルゆえ、一か八かの勝負に打って出られない。





 

胃腸、靴、選挙、本

久しぶりに朝即下痢は無かったが、胃腸虚弱は相変わらずであり、

手持ちの太田胃散漢方胃腸薬が、残り5回分ということも重なり、

ドラッグストアでこいつを買った。

今日は、

ポイント5倍dayだったので、この他に安売りしていたペットボトルお茶も購入。

 

その後、投票所で参院選の投票を済ませた。

 

次は靴屋へ。

先週、仕事用の靴底が壊れてしまい、靴の修理屋さんをネットで調べたら、

その修理費用の方が、普通に靴を買うよりも高くなりそうなので、

新しいものを買った。

4000円くらいの安物なので、どれくらい耐久してくれるか。

 

その後、図書館へ行ったが、目的の本は貸し出し中で空振り。

[rakuten:book:20618581:detail]

 

 

 

 

見通しが悪い

やっとのことで、週5勤務を終えた。

ますくをせずに混んだ電車やバスにズカズカと乗ってくる連中に腹が立つ。

がまんをこんな場面でも強いられ、真面目なバカはストレスの度合いを挙げる。

みても、気にしないければいいのだが、感染イコール死の身なので難しい。

てんきは、少し落ち着き雷雨もここ数日無いことは良き事だ。

つらい業務は、人が去ることでさらに負荷180%になる見込み。

やめていく人が羨ましい。

 

今日も体調不良の報告

早期覚醒で目が覚めた時、背中に布団が貼り付いている感じだった。

胃の内容物が全然消化されていない感じ。

昨晩、薬を飲めばよかったと後悔した。

 

消化の良い食べ物をネットで検索し、それらを中心に朝昼晩を食べる。

チーズは消化が良いというのは意外だった。納豆も消化吸収に優れている。

しかし、チーズも納豆も食べることが出来ないほど、苦手なのでパスするしかない。

代わりに豆腐をよく食べるようにしたい。

ジャガイモやニンジンも消化が早いということと、

キノコや海藻類は食物繊維が豊富過ぎて消化が悪いという事を知った。

 

揚げ物はどれも消化に良くないので控えるしかない。

というか、食欲不振でそんなコテコテな物にはハナから興味が無いけど。

果物だとバナナが良いらしい。

 

日々職場環境が悪化している。

助けを求めたいが引っ込み思案で恥ずかしがり屋だから、声を出せない。

どんどん追い込まれていく。首が絞まっていく。

明日こそは、あの人に相談してみようと思っても、いざ当日になると、

相手の人生を妨害するような気がして、一歩が踏み出せない。

 

そんな中、今月末で退職する人たちは、清々しい症状をしている。

私は、目の下にアオカビが生えているような冴えない顔色をしている。

 

 

 

 

あれもこれもどれも不調である

先月のアンケートポイントの集約を終えた。

今年最低のスコアになった。

自己のコンディション不良が尾を引いた結果となった。

 

相変わらず、早期覚醒の後、起床と同時に腹痛でトイレに直行する悪い

リズムから抜け出せない。ただ、今日は朝食後の吐き気は無かった。

昨晩、太田漢方胃腸薬を飲んだ効果なのだろうか。

 

通勤の際の辛さは、ここ数日の気温の下がり具合が効いたのか少しマシだった。

明日も気温はそれほど高くならないというから、体力消耗度合いは低いかもしれない。

 

しかしながら、一方では、

不安な気持ちが、さらに積み上げられそうな事案が裏で進められている。

近日中に、その話がやってきそうな予感がする。

 

 

 

 

 

 

今日もキレがない

職場・生活の不安や恐怖とで睡眠障害が酷くなるばかり

連動して、食欲不振、神経性胃炎、下痢、

更に連動して、肩凝り首凝りになり緊張型頭痛へとつながる

 

ダメ押しで、連日の猛暑と熱帯夜が虚弱体質にモロにダメージ

 

昨日は、口を半開きにしたまま、横になっていただけで一日終わった

今日は、買い物に出かけ、2Lの麦茶が99円で安売りしていたので、3本と

冷え冷えのスポーツドリンクを1本購入。

帰り道、公園の木陰で、口を半開きしてトンボが飛んでいるのをしばらく眺めていた。

 

昼、食欲が無い中で、それでも食べられそうなものは何かないか?と

探していたら、大好物のペヤングソース焼きそばが出てきた。

これならば、行けそうだ。

それでも完食には苦戦した。

 

今日は、特に緊張型頭痛が酷く出ている。

台風近づきの気圧の変更も影響しているのかもしれない。

 

朝昼と、太田漢方胃腸薬を飲んだけど、

夜はアリナミンかな。
こいつには、自律神経の乱れを整える成分が入っている。

 

このところ、似たような投稿ばかりしている。

 

仕事への不安が最も大きい。

これが無くなくなるだけで、随分と違ってくる。

実業務だけに集中できる環境であれば、まだよい。

だが、政治的な話の中心に放り込まれると、もうこの世の終わりを感じてしまう。

人との交渉が大の苦手だし、いいように丸め込まれてしまい、自分の

負担が質も量も増すばかり。

 

何で、マネージメントや顧客からのいじめられ役をやらなければならないのか。

適性が無い人間を無理やり割り当てて、人を壊していく。

 

社内研修なんかでも、みんながリーダーシップを発揮し、組織を牽引していく

ことが求められるみたいな内容ばかりで嫌になる。

 

 

chance2017.hatenablog.com

 

chance2017.hatenablog.com

 

chance2017.hatenablog.com

 

chance2017.hatenablog.com

 

chance2017.hatenablog.com

 

企業の心中に付き合わされる

何度も何度も違法性のある退職勧奨を受けているひともいるようだ。

中には、まだまだいくらでも活躍できそうな人も多いし、

居なくなると、周囲が困るくらい影響力がある人もかなりいる。

 

自分の面談結果は?というと、ここでは明言を避けたい。

 

例えて言うなら、上役から、

「もう少し、この泥船に付きあってもらう」ということだった。

 

面談を受ける前は、希望退職に応じるか応じないかの考えは50%だった。

一度目の面接では、保留し、

二度目や三度目の面接で、圧迫を感じるようになったら希望退職に応募するという

算段でいた。(金が全然ないのは不安だが、人をコストとしか考えていない

会社に将来性なぞ期待できないから。)

 

辞めるなら、自己都合退職しか道が無くなった。

それを同僚へ話したら、「それ!最悪なやつじゃん!選択の余地ないし」と。。。

 

自分達の経営手腕の拙さを、従業員へ責任を押し付けリストラをする。

これで6年連続のリストラ。

 

貢献してきたベテラン従業員を、あの手この手で退職へと追い込む。

この会社のリストラの技術手法は、世界一と言っても良いだろう。

 

この様子を毎年見せられている、若手・中堅社員は、自分たちもただのコスト扱い

なんだと考え、やがて自分の番も来ると思い、モチベーションはだだ下がり。

次を見つけて転職する者が後を絶たない。

 

年配の従業員を粗末に扱い続ければ、会社は死に向かう一方である。

そのことに決して目を向けぬ阿呆な経営陣。

自分が在籍している間、高額な役員報酬を得られれば困る事はなく、

後のことは、どうなろうが知らんぷりの態度である。

 

ますます業務負荷が増す残された者たちへのケアも何も考えられていないもの

だから、自分も含めて、体調不良による長期欠勤者が続出するだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

得意気な連中に喝

購買、営業、設計、品証、製造 あらゆる部署を巻き込んでの緊急対応が始まる。

(利益は無し、むしろ赤字幅が拡がるだけ)

 

上の方の連中が、計画を立てたらしく、自分も途中から関係者として

割り当てられた。

 

具体的な日程を見ると、

全く成立しないしないものになっていた。

失笑。

 

高給取りらが集まり、連日対策会議を開いて練り上げたプランなのだろうが、

平社員が見て、あっけなくダメ出し出来てしまうほどのレベルの低さ。

 

軽く、メールで意見をしたら、誰も反論・反応できない有様。

立案に携わって連中の誰も、肝心なことを考慮していなかったというオチ。

 

こういう連中が、上位役員に名を連ねているのだから、利益など出るわけがない。

 

ベンチがアホやから野球ができへん。