こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

菊花賞>ダービー

さつき賞、ダービー、菊花賞

この三冠レースで、最も価値があるのは?と問われれば

「ダービー」と答える方が大半だと思う。

だが自分は迷うことなく

「文句なく菊花賞だよ」と応じる。

菊花賞の3000mは、スピード、スタミナも高レベルが求められるが、

非常に厳しいスローペースに耐えられるだけの強靭な精神力が最も

重要である。これら3つの能力が研ぎ澄まされた者こそが、

真の王者の名に相応しい。

 

ダービーは、さつき賞で戦ったメンバーが多数を占め、レース間隔も

短いので、若さと勢いで、なんとか押し切ってしまうことができる。

しかし、菊花賞は、春に間に合わなかった有力馬が力をつけてくるし、

淀コースの3000mは誤魔化しが一切効かない舞台であるため、

生半可な仕上がりでは勝負にならない。

 

スピードのさつき賞(中山2000m)

運のダービー(東京2400m)

実力の菊花賞(京都3000m)

 

このようによく言われるけども、

本当に上手く特徴を現わしていると思う。

 

では