こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

毎年仕事納めの日に行うこと

毎年仕事納めの日に行うことがひとつある。

それはメインバンクから50万円引き出して、そのまま別の銀行へ預けることだ。

メインバンクに1000万円以上預貯金がある状態をなるべく無くすためだ。

つまりペイオフ対策。

銀行が破綻したとき、1000万円までしか補償されないので、万が一のことを

考えてのアクション。

メインバンクに貯まり過ぎた年は、複数回行う年もある。

同時に、通帳記入して残高を確認しながら、セミリタイア実行時期を

あれこれ考えるのが恒例行事。

 

これは何となく、江戸時代、毎年の元旦に、毛利の殿様と重臣とが

萩城天守閣で行っていたとされる儀式に似ているかも。

 

重臣「殿、徳川討伐の準備が出来ましたぞ」

殿様「うむ、でもまだその時期ではない」