こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

1月スタートのドラマで何を観るか

各局とも、新年スタートのドラマで好調なスタートを切りたいと考える

だろうから、力を入れてくるだろう。ここで順不同で、いくつか取り上げてみる。

何を観るかの候補をある程度絞って、最終判断は年明けかな。

 

 

■「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」TBS、日曜

2016年に放送されたドラマのⅡシーズン目。99.9という数字は、

刑事事件における有罪率だという。非常に厳しい中、専門弁護士達が、

一発逆転へ向け奮闘する姿を描くというのが大枠のストーリーらしい。

[個人的観たい度]15%。特別真新しいテーマでもなければ、キャストもそれほど

魅力ではない。

 

■「隣の家族は青く見える」テレ朝、木曜

個性ある4つの家族が共同で暮らす設定。

それぞれの家族がかかえる多様な問題を描く。

[個人的観たい度]40%。訳ありなカップル、旦那が会社を辞めてしまった家族、

事実婚のカップルなど、それら家族間でお互いにどう絡み合っていくか。

4つの家族が同じ家で共同で暮らすという設定にやや難を感じる。

 

■「もみ消して冬」日テレ、土曜

東大卒のエリート3兄弟と父が、身内に生じた些細なことを解決する。

コメディーもの。

[個人的観たい度]70%。土曜の夜に、気楽な感じで観て過ごせそう。

父のコミカルな演技に期待したい。

 

■「FINAL CUT」フジ、火曜

ある殺人事件で犯人扱いされた母親が自殺し、その復讐に燃える男を描く。

事件に関わった人物を、人生を詰ませる映像(FINAL CUT)を使い、追い込む。

[個人的観たい度]10%。こんな復讐劇を基軸とする設定のドラマはよくあるので、

わざわざ改めて焼き増しを観るようなことはしない。

キャストに重みが無いのも減点材料。

 

■「アンナチュラル」TBS、金曜

気鋭の解剖医が、個性的な同僚らとトラブルや反発をしながらも、不自然な死の

徹底究明と事件の真相に迫る。

[個人的観たい度]70%。解剖医や法医学のドラマは、過去にもあったので、

新鮮さという点では乏しい。だた、単純明快に主演が◎なのでこの数値。

何だそれ?と思うかもしれないけど、世の中、こんなもんだろ。

 

■「カクホの女~神奈川県警・特命捜査~」テレ東、金曜

本格的な大人の刑事ドラマ。叩き上げの刑事と、警視庁・人事のエリート警官

がコンビを組み難事件に挑む。

[個人的観たい度]65%。本格的な刑事ドラマは安心感がある。コンビの2人とも、

実績十分な女優。

 

■「きみが心に棲みついた」TBS、火曜

挙動不審な自己否定の女の子をめぐるラブストーリー。

やがて三角関係に発展する。

[個人的観たい度]1%。若い人向けなのかしら?こういうのでキュンキュンするん?

 

■「anone」日テレ、水曜

社会というレースから脱線した少女が、人との出会いを通じて徐々に心を開き

社会復帰していく様を描く。

[個人的観たい度]75%。アンチも多いときく女優が十代最後のドラマで、どんな

表情で、閉じこもり少女役を演じるかに注目。

 

まあ全部取り上げるのは大変なので、この辺で。。。