こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

メールの件名のセンスのない人を見かけるとイラッとくる

仕事関係のメールが毎日200件くらい来る。

メールの件名で、何について話題なのか凡そ検討が付くものは

特に問題ない。だが、あまりに抽象的なタイトルな件名では

何なのか全く予測がつかない。たいていそんなタイトルのメールは、

本文を観ても、どの製品どのプロジェクトについて話しているのかさえ

ある程度読み進めていかないと判断できず、非常に不快で煩雑で読んでて

嫌な気分になる。いい加減なメールタイトルを送信する人は、

仕事もいい加減で、責任感が無く、正確性も無く、周りの足を引っ張る

傾向にある。特に営業部門の人間が、その人も部門内でのみ通用する呼称で

他部門にメールを出す場合、受信者は混乱する。まず、「〇〇とは

何の製品なのか?」というっことを返信することから始まるので、余計な工数

トラフィックが生じる。

 

社内ではメールの書き方のガイダンスが周知されているが、出来ない人間は

いつになってもまともなメールを書けない。こんな社員がいなくなるだけでも、

業務効率は少し改善されるし、ストレスも減るだろう。

効率UPを掲げるなら、まずはこういうところを徹底して教育すべき。