こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

明治のおいしい牛乳と雪印のメグミルク

好敵手同士の成分表示はこうなっている(200mlあたり)

エネルギー お:137kcal     メ:133kcal

タンパク質 お:6.8g   メ:6.5g

脂質    お:7.8g   メ:7.6g

炭水化物  お:9.9g   メ:9.6g

カルシウム   お:227mg    メ:227mg

 

食塩相当量について、おいしい牛乳は0.22gに対して、

メグミルクは、ナトリウムとして85mgと表記されている。

無脂乳固形分と乳脂肪分は、両製品ともに8.3%以上、3.5%以上で同じだ。

 

似たり寄ったりだと思うが、市場シャアでは、おいしい牛乳が圧倒している。

味の好みは人それぞれだが、何故ここまで差が開いているのか。

もしかしたら、かつての食中毒事件のイメージが消費者に、

まだ残っているのかもしれない。