こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

遠回しに退職に触れた

簡単な面談と言うか、意識合わせの場があったので、

心身症を理由に職場から離脱したい旨を伝えた。

何故なら、今後より一層業務不可がかかることが目に見えたから。

俺を使い捨てにする気、殺気のようなものまで感じた。

(このままでは殺される)

 

人財を宝だと思わないこの風潮、もう何を言っても平行線で

永遠に交わることはない。