こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

職場の昼休み時間にやかましい人

昼休み時間の食事後は大半の人が机に伏してお昼寝か、スマフォを見てるか

なのだが、隣席の数人が集まってペチャクチャおしゃべりしている。

まあ、ボリュームが低ければ特に耳障りではないのだが、そのうちの一人が

自己ボリューム制御不能らしく、やかましい。

聴力が悪いのかそれとも、単に周りを気にしない、非常識、無神経人なのか。

どうも後者のような気がする。

スマフォゲームをしながら、そのゲームに対して絶叫したり、舌打ちしたり

一人でしゃべっている。

さらに昼休み時間が終わっても10分くらいは、ゲームをやり続けている。

自分は彼のことを「昼害人」という変換ネームをつけ、昼休み時間に入ると

直ぐにイヤホンをして、その「昼害」に対処するが、あまり効果がない。

 

ゲームに対する情熱は社内随一なのだが、本業(仕事)は完全に受け身で、

指示しなければ、永久に何もしないで「5時まで男」だ。

 

彼は自分より年下だけど、自分があの年のときに、あんなにも

幼稚じみていただろうか?こういう社員は、どこかへ出向させて、

派遣社員を雇った方がメリットが大きいのにね。