こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

生命保険会社の営業がまた勧誘してきそう

先週、携帯に2度ほど着信があった。

 

遡ると、4か月ほど前に、私から営業へ

「近く会社を辞めるかもしれないから保険料を大幅に下げたい」と言い、

ひと月当たりで7200円下げた。

大きかった死亡保障を見直して、2000万円→100万円に下げた。

というのは共済で400万円、全労済で800万の死亡保障があり、十分だろうと

判断したからだ。一方、病気やケガへの保障は減額しなかった。

減額した分が、そのまま手取り額upになったので、良かったと思っている。

 

しばらく何も連絡が無いので安心していたが、ここへ来て、

新たな商品を勧める攻勢に出てきたのかもしれない。

・外貨建て個人年金

・一時払い養老

・就業不能保障保険(病気やケガで働けなくなった場合の収入保障)

おおよそ、こんな商品を勧めてくるのは予測がつく。

過去に何度か断っているが、しつこくプランを作って持ってくる。

まあ、それが仕事なのだろうけど。

 

「当面は何も保険商品を考えていない」ときっぱり断ろう。

 

民間保険なんて不要だというファイナンシャルプランナーもいることだし、

保険料を納めるために、生活を切り詰めるというのは本末転倒だ。