こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

部下の業務範囲を把握不能なアウトなマネージャー

あるプロジェクトで顧客から問い合わせがあった。

 

それを最初に受けたA課長は、自分の部下Bがその担当なのに、

Bに調査を指示せず、なんとなんと、全く担当外で別部署のCに調査指示した。

メーリングリストでのやりとりなので、関係者全員にメールが飛ぶ。

Cや他の関係者全てが、この問い合わせはBが動く案件だとという認識だ。

 

私はメールを横目で見ながら、

「この人(=A)、どこに指示出してるの?担当はBだろB!」と思った。

 

仕方なくCは、同じメールに返信しBに調査依頼する(Cの行動は100%正しい)。

しかし、Bも担当意識が薄弱で、動く気配が無い。

(A配下で育ったのでピントがズレている)

 

そうこうするうちに、顧客から催促が来たらしく、Aは、またまた担当外の

Cに対してメール返信し、早く調べるよう要求する。

 

メールを見た私は「もうどうしようもないな、A」と独り言。

 

このとき、Cはきっとこう思ったはずだ。

「おたくの部下Bが担当なのだから、Bに直接指示してくれよ…」とね。

 

やがて、日々多忙なCがBの席に来て、内容説明しながら頭を下げて

依頼していた。

頭を下げる必要なんて無いのに、Cが気の毒に思えてならなかった。

 

このような組織の未熟さや管理能力の無さを垣間見るやりとりは、

うちの部署によくある。

とにかく、Aみたいなのを一刻も早く除去しないとダメだ。

最優先課題だろう。

さもないと、Aの駄目さ加減がBや他のメンバーにも伝播し、

自分の役割り意識が無く、自ら動こうとしない人間がカビのように増殖する。

反対にCのような人たちの業務負荷は増し、その格差が拡大していく。

 

結果、私のように体調を壊したり、会社を辞めたいと考える人が

増えることにつながる。

ああいう存在は、会社にとって何のメリットもない。