こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

健児の決勝戦を観に行ってきた 甲子園出場はならなかったがよくやった

準決勝も危なげなく勝ち上がり、久しぶりに決勝へと駒を進めた健児。

 

そして、決勝の相手は、全国的に名の通った強豪校で、

大会前から優勝候補の大本命に挙げられていた学校。

勝つのは至難だが、高校野球は何が起こるか分からない。

 

決勝進出が決まった時、即座に会社を休んで応援に駆け付けることを

決意。あとは休む理由をどうするか?

前回、決勝進出したときは、堂々と「決勝戦を観に行くので休みます」と皆の

前で言えた。

しかし、今の馴染めない部署に対しては、私は心を閉ざしたままなので、

「体調不良でやすみます」と当日メールしてあばよした。

 

さて、バックネット裏の屋根のある席を確保したかったので、

試合開始1時間前に球場に付いたのだが、既にそこは全部埋まっていた。

仕方ないから、屋根のある立ち見出来るエリアに陣取った。

 

勝戦でしかも、名門復活の期待がかかる健児と全国屈指の強豪校との

いわば新旧盟主対決ということで、スタンドがみるみる埋まっていく。

 

試合が始まった。健児が先制すると、ネット裏はお祭り騒ぎ。

その光景に、思わず涙が出そうになった。

守備の時も、相手を0点に抑えれば大声援が飛ぶ。

おそらく場内の8割方は健児の応援だろう

(これはある程度予測はついていたけども)

 

しかし、先制点を取ったのも束の間、自力に勝る相手が中盤に逆転。

そのまま押し切られて、残念ながら甲子園切符は得られなかった。

正直、力の差を感じた、もっと点差が開いてもおかしくない内容だったが、

よく守ったと思う。

 

試合後も健児に対して惜しみない拍手で健闘を称える。

うちの地区の高校野球は健児が強くないと、盛り上がらないとよく言われるが、

まさにそのことを痛感した一日だった。

 

 

3年生は精一杯やり切ったという表情をしていた。

下級生は健児の良き伝統を引き継いで、いつか甲子園へ出場して欲しい。

 

 健児に勝利した相手校には是非とも甲子園で勝ち進んで欲しい。

 

 

試合後の

 

 

 

 

 

 

chance2017.hatenablog.com