こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

「定年後」「定年準備」と「定年バカ」

大型書店に行ってきた。

 

先日、某セミナーを受けたのだが、

そこで「こころの定年」というキーワードが自分にも当てはまるような

気がした。生きがいや定年に関する書籍を探しに行った。

 

定年本の最近のベストセラーである「定年後」そしてその実践編と

言われる「定年準備」をまず手に取った。

凡そセミナーの内容と同じ構成になっていた。

 

・45歳からが後半戦

・社会とつながる力を育てる

・余暇を過ごす趣味を持つ

・複数の自分を持つ

・50代から定年に備える

 

「定年後」「定年準備」も大いに参考になりそうだ。

でも今月の予算の都合上、購入には至らず。。。。

 

で、昼近くなったので家に帰ろうと、新書コーナーを立ち去ろうとしたら、

気になるタイトルを目にした。

 

「定年バカ」

 

何だこれ?と早速手にした。

 

そこに書かれている内容は、

さきほどの「定年後」「定年準備」とは全く異なる。

 

定年後は地域貢献をし、充実した趣味を持つべき、生きがいを持つべき

という考えに、束縛される必要は全く無いとしている。

 

バカボンのパパみたいに「好きなように生活する。それでいいのだ」

と言った主張。これはこれでまた一風変わっていて面白そう。

 

「定年準備」と「定年バカ」どちらも購入した上で、自分の肥やしに

しようかと考え中だ。

 

明日は天気が良いらしい、節約は上手く出来そう。

残業は、少なく切り上げたい。