こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

いつかはきっと春が来る

「100えんBIG30くちっ!」

 

某駅前の宝くじ・サッカーくじ売り場で、威勢の良い声が響いた。

 

思わず振り返る。

 

そこにいたのは上下ジャージとサンダルの無精ひげ中年男。

 

パッと見、働いているような雰囲気がなく、生活感も希薄。

 

これに人生逆転を賭けてますみたいな感じだった。

 

自分も会社に嫌気を感じながら、脱出したいの一心で、

 

富くじを購入することがあるので境遇は同じようなものか。

 

人混みに消えていく彼を見届けながら、結構、ウマが合うかもしれない

 

と想像した。

 

30口なら、理論上の当選確率は約16万分の1だ。

 

買い続ければ、いつかは当たる。

 

がんばってほしい。

 

お互いに健闘を誓おうでないか。

 

でも予算の都合で今週は見送り。