こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

11月の最終週の残業

彼方此方で火を噴いているプロジェクトの火消しに追われまくった。

月曜から金曜の残業はこんな感じになった。

月:2時間、火~金:4時間

疲れただけの1週間。アリナミン錠剤の服用回数も多くなってきた。

 

火消し役を懸命に勤めているということは、火付け役がいるということだ。

いわゆる放火魔=パイロマニアの傾向があるメンバーは、

毎回同じような連中だ。

彼らは、日程感や品質、性能という観点が無く自分の世界で作業している

ため、ホウレンソウをしない、出来ない。自ら情報を発信しない。

決して悪気があって重大バグを引き起こしているわけではないのだが、

そういう連中こそ扱いが難しいものだ。

 

彼らの一挙手一投足の全てを監視チェックする他に、有効で確実な

未然防止策は無いのだけど、これだけの切迫したプロジェクトで

そんなことは不可能だし、そもそも私は彼らのマネージャーではない。

彼らのマネージャーたちは、我感せずの態度を貫いており、

何も動こうとしない。

 

こちらで、せめて出来ることは設計成果物のチェックなのだけど、

それ自体が報告書とは程遠いレベルのもので、結局、

口頭尋問するハメになる。

それでも私の専門領域以外の話だから、全てを網羅的にチェックする

ことは不可能。バグバグバグの雨あられ

 

話がそれたが、先週の残業ペースが年末で続きそうな悪い予感がする。

11月分の給料は残業手当だけで15万円は超えると思う。