こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

ちゃぶ台をひっくり返した顧客

来年1月に試作品の納期予定があり、

先月、その納品する製品レベルを顧客と入念にすり合わせを行った。

合意形成は、いつもよりも綿密に行う必要があった。

その理由は、顧客が仕様を出すのが大幅に遅れたため、1月には、機能の

一部が間に合わないことが明白だったためだ。

 

日程表やこちらの開発リソース状況を顧客へ丁寧に説明して、

どうにか1月納期品物は、機能制限付きで納めるという合意が出来、

胸を撫で下ろしたのが、先月の事。

 

我々は、その日程だけは死守するように、日々進捗管理を行った。

特に、大きな障害も無く順調だった。

仕様決定が遅れたのは痛かったが、リカバリー策を講じて難局を

乗り越えられそうだった。

 

ところがである。ところがである。

やはりそこは厚顔無恥な顧客のこと。

今日、今までの合意事項を全て反故にして、全ての機能を年明けに対応して

現地に納めろと要求してきたのだ。

 

11月は、顧客の設計部隊と合意したのだが、その設計部隊が

製造部(工場)に事情を説明していなかった大チョンボである。

顧客の製造部署とすれば、そんな制限事項は聞かされていないので、

到底、受け入れられないということだった。

これは明らかに顧客内の連携ミスだ。我々には責任は無い。

 

だが、我々に100%非があるというトーンで、

1月に何が何でも要求を満たす製品を納めろ!

それがダメな場合は、直接役員に言いつけるぞ!

という、まるで子どもの喧嘩のようなふてくされた態度をとってきた。

 

協力会社や社内各部署に謝罪行脚で、今週は、

もうこのスクランブル対応だけで終わるだろう。

 

 

別製品の納期にもモロに影響が出る。

冬休みがきな臭くなってきた。

 

奴らに迷惑料を請求したい。

年がら年中、何度も何度も、ひとの人生を妨害するなと。

 

では