こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

宝くじの答え合わせ

昨年の年末ジャンボ宝くじ30枚を、くたびれたダウンジャケットの

ポケットにしまい込んで、地元チャンスセンターの前に立った。

 

大きくが当たれば、もう今の会社に用は無い。

気合十分、五臓六腑の隅々まで研ぎ澄まされた状態で、

売り場のおばちゃんに差し出した。緊張が走る。

 

 

約1分後、明日も会社に行くことが確定した。