こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

炎上プロジェクトに終わりは無い

日本、北米、韓国の各工場で炎上している。

中国も危ない。

 

とある炎上案件の消火作業中に、別の場所で炎上。

同じ内容の炎上も有れば、今まで経験したことがない炎上もあり、

どこでも修羅場となっている。

 

再発防止検討や報告、社内基準の策定をやっているそばから、

場所や時間に関係なく炎上するものだから、生きた心地はゼロ。

メールのタイトルに【大至急】【超特急】【緊急事態】【大問題】

等が並び、優先順位の判断すら出来ない。

 

再発防止策を作っても、それらを運用できるだけの体力が残って

いない。目の前の火を消すだけで精いっぱい。

 

ひとたび炎上すれば、通常業務はすべて一時保留で、

火消しすることを優先しなければならない。

そうなると通常業務の計画を立て直すのだが、

当然納期は延ばせない。

深夜残業や休日出勤で穴埋めすることになるのだが、

ただでさえ多忙な上、心身疲労でマイナス頭に

なっているものだから、作業の質が低下してしまう。

その低いアウトプットで納品すれば、

またバグを埋め込んでしまい、次々と炎上を引き起こす。

 

炎上のスパイラルにハマってる状況が、もう1年半続いている。

何をやっても、どうにもこうにも、根本的な打開策が無い。

 

経営陣は、

「どうなっているんだ!しっかりしろ!」と言うだけで、

何もしない。

このプロジェクト、開発スタートの段階で、

開発費を我々エンジニアが見積もったのだが、その金額に対して、

半分以下の予算しか割り当てられなかった。

だから、こんな状況に陥るのは当然だ。

それを経営陣は分かっていない(忘れている)。

削られた方は、当然、怒りと共に憶えている。

 

「どうなっているんだ!しっかりしろ!」というセリフは、

そっくりそのまま、彼らに返してやりたい。

 

明日からの戦場を考えるだけで、胃がキリキリする。