こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

古着、カバンを処分

以前から捨てよう捨てようと思ってた古着やカバンを、まとめて

車に積んで、ごみ焼却施設へ持っていった。

祝日は午前中しか受け付けていないので、毎回混む。

受付開始9時に対して、その5分前に到着したのだが、すでに車が数珠つなぎ。

1台1台進むのを待つしかなく、次回はもっと早く来ようと思った。

 

ようやく順番が回ってきて、受付で車両総重量を計測後、

廃棄場所へと案内された。

すべて可燃物だったので、その場で受け渡して完了。

出口でもう一度車両総重量を計測し、入場前後の重量差で廃棄ゴミの量が

計算され、それに応じた手数料を払う仕組み。

今回は10kgに満たなかったので無料だった。

 

これで部屋の押し入れ、衣装ケースがだいぶすっきりした。

今回処分したのは下記

・カバン4個

・スーツ2着

・コート、ダウンジャケット3着

・ズボン3本

・シャツ2着

 

会社の「粗大ごみ」もこんな感じで処分出来たらなー

i wish i could