こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

宝くじ売り場にて

昨日、日曜日の話だが、近くのホームセンターに買い物に行ったついでに、

宝くじの当選金の受け取ろうと思い、売り場に向かった。

 

開店間もない時だったが、すでに何人かの夢見人が並んでいた。

すると、自分の前に並んでいた見た目30代中ごろの男が、

威勢良い声で「BIG1000を200口!」と注文。

200口×200円=40,000円

中々の気合の入りようだ。

 

BIG1000は、1等当選確率が約17万分の1だ。

これを200口買ったということは、850分の1まで確率が上がることになる。

この数字だと少し現実味が出てくる?

1等賞金は理論上1000万ほどだが、

大きいときは確か4000万くらいになるはずだ。

彼の運命は以下に。

 

自分も釣られて買おうかと考えたが、予算が無いのでパスした。