こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

台風19号

12日夕方、豪雨により近くを流れる川が、氾濫危険水位を超え、避難指示が出た。

最寄りの避難所まで1km以上あり、風も強くて、車移動も困難。

しかも、その避難所がもう既に満員だという情報も入ってきた。

他の避難所に行くには、低地や川を渡らなければならないので、避難を諦めた。

 

以前ハザードマップで確認したところ、近くの川が決壊した場合、2.5m浸水する

というところに住んでいるので、今回は流石にダメかなと思いながら、避難用の

荷物をまとめてテレビラジオをつけっぱなしで過ごした。

 

近くの川とは、どこの川かというと、関東を代表する文字通りの荒れる川

として有名な川だ。家からの直線距離は600mほどあり、川幅は1500mほどだ。

そのうちに、その川に流れ込む支流のひとつが氾濫したというニュースが入る。

まあ、あの支流は何にも治水されていないから、氾濫は時間の問題だろうと

思っていたので想定の範囲内だが、家からの直線距離は700mであり緊張が走る。

 

水位の上昇は止まらない状況下で、上流のダムが限界に達しつつあるため、

22:00から緊急放流を実施するというニュースがあり、いよいよ詰んだなと…

(最終的に緊急放流は実施されなかったが)

 

深夜一時を超えるあたりで、雨風のピークは過ぎたが、水位が落ち着くまでは、

寝ないこととした。三時半を過ぎたあたりで、水位が下がり始めた地点が

いくつか出てきたので、床につくことにしたが、ラジオはつけっぱなしにした。

川から200mくらいの家は床上浸水してたようだ。

普段慣れ親しんでいる河川敷のサイクリングコースは、全部冠水し湖のように

なっていた当面は走れそうにない。

以前勤めていた会社付近も浸水しているだろう。

昨日も、今日もヘリコプターが被害甚大な地域に向けて飛び交っている。

 

今は、ようやく水位が氾濫注意レベル以下になったが、

いろいろ教訓を残した台風19号

 

1、雨風の音で、自治体放送が聞き取れない。

2、避難場所が遠い、移動手段が無い。

3、緊急放流

4、治水が進んでない、堤防が中途半端な箇所が多い

5、今の専守防衛一辺倒の対策に限界

 

最後の5は、台風を弱めるような技術開発を言っている。