こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

平成年間を生き延びたCDラジカセに寿命が来たか

約30年使ってるPanasonicのCDラジカセの調子がおかしい。

CDはまだ再生できるのだが、ラジオの局が勝手に切り替わってしまい、

全く受信できない周波数で停止して音も鳴らず状態になる。

 

周波数が切り替わる時に、ボタン操作と同じビープ音が鳴るので、

ボタン周辺の電気回路のが壊れているのかと考えたが、

CD再生中は、何も問題が生じないので、

ラジオ受信機そのものが誤作動しているのだと思う。

 

しばらく電源を切って再起動すると、正常に受信することもあるが、

即誤作動し始める。

 

30年も使い続けてきた製品だから、もう限界なのだろう。

新しいのを買う予定ために、明日から残業を少し増やしてその費用を捻出するか。

 

ラジオ何てネットで十分では?と思われるかもしれないが、

ノイズ交じりに聞こえてくる放送をアンテナを上手く伸ばして

聴くのが味があるような気がする。