こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

趣味がリストラの会社

八月のころの話になるが、

今年度の売り上げ見込みが、昨年度から三割減となり、五年前のピーク時

と比較してほぼ半減になりそうだという社内報が回覧された。

それと同時に、従業員数の見直しをするということも記載されていた。

 

今月末に約全従業員の一割に値する人数が退職することになり、

そのリストが発令された。

 

これから第二弾が始まり、対象者に面談を行い希望退職を募ることに

なる。希望者は年内退職だろう。自分は対象外になってしまった。

募集人員は示されていないが、雰囲気からして、今回の募集のみでは、

足らないだろうという話がどこからともなく聞こえてくる。

 

今の経営数値や、商権の獲得状況を考えると、もう浮上の余地は

無いと言い切れる。沈没するのを待つだけだ。

毎年リストラをする際、将来へ向けての構造改革などと美辞麗句

を掲げているが、短期視野に立ったその場を逃げ切るためだけの

施策であることは明らかだ。

 

社内では、あちらこちらで、会社をいつ辞めるか誰が辞めるかの

話題が持ち切りだ。

自分も今までは、トイレに行った時や、周囲に人がいない時だけ

「辞めたい」とか「早く辞めないと」と溜息をつきながらこぼして

いたが、今は自席でもお構いなく、上記のような独り言を吐くようになった。

 

リーマンショックのときよりも、遥かに悪い状況だ。

あのときは、世の中全体が沈んでいたが、今回は自滅型だ。

年度末にもリストラがあるだろう、

そしてそのときは、対象者を拡大する可能性が極めて高い。

楽しみにしている。