こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

警視庁・捜査一課長で苦手なシーンについて

刑事ドラマが好きで、よく見るのだが、どうしても苦手なのが

本日、正月スペシャルが放送される警視庁・捜査一課長シリーズ

のあるシーン。

 

その理由は、主役である捜査一課長のとあるセリフの当たりが強過ぎて、

メンタル的に参ってしまうからだ。

 

そのセリフは、捜査本部会議の最後に、部下全員に向かって大声で

激を飛ばすシーンで、発せられる。

 

「必ず、ホシを挙げる!」

 

刑事ドラマなら、なんてことないセリフかもしれないが、

これが自分にはキツイ。

 

主役の顔がアップになり、逃げ道がない感じのどキツイ声。。。

自分には縁の遠い、まさに体育会系のノリである。

(こんなノリの上司の元では絶対に働きたくない)

 

一話の中に、このセリフが複数回あるときもある。

対策としては、会議のシーンが終わりに近づいているときに、

チャンネルを30秒くらい変えるようにしている。

 

9時から放送される今回も、このスキルを発揮して乗り越えるつもり。

 

テレ朝さんには、

もう少し柔らかい感じのシーンに変えてもらえないか考えてほしい。