こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

見えにくい虫歯を治療

半年ごとの歯科通院が始まった。

 

歯並びが悪く、歯ブラシが上手く当てることが出来ないところに、

虫歯らしきものがあると言われた。

 

ただ、本当に虫歯かどうかは、歯と歯が複雑に位置している箇所なので、

はっきりと分からないということだった。

削ってみないと何とも言えないらしく、

「どうしますか?」

と判断を迫られた。

 

痛みは無いものの、一番気にしてる部分だったし、

ブラシも糸ようじも上手く届かないのがストレスに感じていたので、

十分に虫歯の可能性があるだろうと思い、削ってみることにした。

 

結局、削ったら、虫歯があり鏡で見せてくれた。

黒くなっていて、触れると痛みが走った。

その場で、取り除いて詰めてもらった。

 

しかし、まだしばらく歯科通いが続く。

次回から、歯石除去が本格的に始まり、歯周ポケットの測定を繰り返し、

メンテナンスしてもらう予定。