こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

我が社のテレワーク事情

大悪人・習近平の世紀の大失策が、世界中を重大な危機に陥れている。

 

日本国内でも休校、外出自粛、イベント自粛、時差通勤、テレワーク積極活用

など方策を打っているが、ピークがどこに来るのか、いつ収束するのか

先が読めない。

 

治療薬の開発は1年以上を要する見込みで、

昨日の安倍首相の記者会見でも、長期戦覚悟という発言があった。

 

自社において、コロナ対応の指針が連日その危機段階を上げて通達される。

優先されるべくは、高い順から

1、従業員、家族の安全

2、事業の持続

3、製品の品質保持と顧客納期厳守

というものだった。

 

1は、テレワークが再重要施策になるが、その活用については、

3週間前は「テレワークを推奨」だった。

だが、先週は、「テレワークを強く推奨」とレベルが上がった。

実際、全従業員の3割程度(PCだけあれば仕事が回せる人)

がテレワークをしている模様だ。

 

開発・設計職の当方は、PCだけでは全く仕事にならないため、

テレワークはしていない。

 

しかし、いよいよ、開発・設計者がテレワークするための、

必要な条件、機材の調査が開始された。

具体的には、PCのほか、試作品、測定器、電源など開発に必要なものを

家に持ち込むことが必要なのだが、

それら車を使って運搬するということを考えているようだ。

ただし、共同で使っている開発機器や持ち運びが出来ない試験機など

もあるので、そのあたりをどう対処するのかが見えてこない。

 

電話やインターネット環境も提供する必要が出てくる。

こちらも大至急、必要数を調査している。

 

ただでさえ、経営悪化してリストラしたばかりなのに、支出が増える一方で、

希望退職する前に、会社がショートしてしまうのでは?と気が気でない。