こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

3月の退職者数が発表された

「逃げるが勝ちだし役に立つ」という会社の状況下、

3月は16人が会社を去っていく(定年退職を除いた数値)。

 

退職ラッシュは、もうどうにもならない。

やっぱり1年~2年前と比べて、はっきりと働きにくさを感じる。

ざっくばらんに書くと。。。

 

例えば、作業向上のために、個々が好きなフリーソフトを使うことが禁止

された。社内で何百人と使っている世間的にも著名で実績十分な

フリーソフトでさえ使用不可になった。

 

Web会議を積極活用するのは賛成だが、(金が無く)インフラが弱いため、

頻繁に通信切断が生じる。Offce365も同様に、重たくて使い物にならない。

 

日々の作業進捗を管理するツールがあるのだが、最近新規導入したシステムの

動作が不安定で、せっかく入力したデータが全て消えてしまうことが

何度もある。

 

上で述べた情報システム関連を受け持つ部署が完全に弱体化してしまい、

頻繁に発生するようになった各トラブルの問い合わせに応答してくれない。

 

業務評価の方法が、これまでの査定方法よりも遥かに厳しくなり、

倍近い成果を上げなないと、これまでと同じ評価が得られない。

 

3か月も経つと組織変更があるので、

「どうせ、また変わるんだから・・・」とか

「どうせ、またリストラするんでしょ・・・」と

業務に興味を無くしている者多数。

 

今回、退職していった方々、再就職先が決まっていない人もいるようだが、

経済的に余裕があるなら、無理して探さない方がよいと思う。

コロナの影響で、

各社採用に慎重になっているみたいだし、家にいた方が安全だろうから。