こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

ビワの実が完熟

月曜日、出社しようかどうか考えた末、在宅勤務を選んだ。

 

在宅勤務の作業場所は、こたつのテーブルがメインなのだが、

それだと気が滅入ってくるし、足腰がだるくなってくる。

 

気分転換に、木々が見える窓際の棚にPCを置いて、

バランスボールに跨りながら業務することがある。

 

外には、ビワの木が1本あり、橙色をしたビワの実が沢山実っている。

ちょうど食べごろだろう。

当然、いろんな鳥が食べにやってくる。

今日は、数十羽のムクドリが何度も何度も食べに来ていたが、

カラスがやってくると一斉に逃げ飛び去ってしまう。

しばらくカラスの独壇場になるが、やがてカラスも飽きてどっかに飛び去る。

そうすると、そのうち、ムクドリたちが戻ってくる。

さらにスズメもやってきた。

でもスズメが調子に乗って、領域を拡張していくと、ムクドリ

脅して追い払う。それにめげずスズメが実をつつく。

仕事中だったが、しばらく見入ってしまった。

 

このビワの木は、自分が小学生のころ、近所からもらったビワを食べた後、

その種を蒔いたものが大きくなったものだ。

何十年も前のことだが、当時のことは憶えている。

 

今は、実がなっても、自分は食べることはなくなった。

なので、鳥たちの格好の食事処になっている。