こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

今月最後の休業日 とうとう胃腸科へ

今日は、休業日だった。

今月は今日が最後だ。

今のところ来月も休業日が設定されるのかどうかは定かでない。

 

仕事・職場のストレスに加えて自粛ストレスが重なり、

5月上旬に、軟便になって以来、胃痛、胃もたれと症状が加わってきた。

 

市販の整腸薬、胃薬でここまでやりくりしてきたが、

症状がなかなか消えない。

ストレス要因を根本的に無くさない限り、

これらの不快感とこれからも付き合っていくことになるだろう。

ただ、一度病院でどんな診断が下されるのか行ってみることにした。

 

昨年末に大腸内視鏡検査に行った胃腸科とは別の胃腸科を選んだ。

前の胃腸科でも良いのだが、そこだと恐らく、

内視鏡検査技術は地元でも指折りの高評価なので、診察よりも

胃カメラやりましょう」と言われて、日時予約するだけで終わりそう

が気がしたからだ。

もちろん、胃カメラによる診断で、明らかになることは多いのは承知だが、

こちらとしては、胃もたれを少しでも早く改善したいので、薬を処方して

少し様子も見て、それでも改善しなければ胃カメラでという方がよい。

 

胃カメラの場合、2~3週間待つことになるしね。

 

というわけで、初めて診察を受ける病院で不安もあったが、

受付後、検温(36.3℃、朝食を食べずに行ったので低め)

と尿検査(結果異常なし)。

診察室に通された。

 

そこで

・食後の胃もたれ、胃重

・軟便

・食欲不振

・ゲップ

 

と言ったどれくらい前から続いているかを告げた。

そのあと、仰向けになって、腹部全体を触診してもらったが、

そんな変なことにはなっていないということだった。

 

消化器官全体の活動を促す薬を1週間処方された。

処方された薬は2種類で

 

・モサプリドクエン酸塩錠

・ビオスリー配合錠

 

前者は、副交感神経の動きを活性化し、

慢性胃炎による消化器症状を改善する薬で、

ネットで調べると、これを処方されている人は多いみたいだ。

副作用の内容が結構多いのが少し気になるが。

 

後者は、整腸薬で市販で売られているもとを中身はそれほど

変わりが無さそう。

 

昼食後服用してみた、効果があるのかどうかは良くわかない。

というのは、今日みたいな会社が休みの日は、

ストレス・不安が減るためか、そんなに不快な状態にならないため...

 

なので、効果のほどが分かってくるのは、

不安感が増してくる日曜日の午後あたりからかな。