こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

ただただ不安な気持ちが増し続けた1日

まあ頻繁にあることだけど、全体を通して今日は気分が不安定だった。

 

朝食は7割くらい食べた。

胃腸薬を服用した後、昨日録画したBS-TBS

町中華で飲やろぜ!を観た。

食後直ぐなので、数々の料理が映し出されても、食べてみたいという

気にならなかった。

そういえば、コロナ後、お気に入りの町中華に行ってない。

元気でやっているだろうか?

行きたいのだけど、その勇気が沸かないし、

今の体調では注文したものを食べきれる自信も無いので、

当面、足が向かわないと思う。

 

PC起動して、メール確認すると、全く担当外の開発機種に関する

顧客問い合わせを丸投げされていた。

不安と恐怖とで心拍数があがるのを感じた。

結局、今日の解決に至らず、明日以降の延長戦になった。

解決出来ないことで、仕事が溜まり焦りやパニックを生じ、

心を乱すの繰り返し。

 

昼食は、半分も食べることが出来なかった。薬を飲んだ後、

テレビをつけると、これから明日、明後日と台風並みの豪雨になるという

気象情報を目にした。明らかに昔の梅雨とは違う。

更に胃が重たく、気分が沈んだ。

 

午後、こんな状態では仕事が進むわけがない。

それでも容赦なく次々へと難題が降りかかってくる。

そして気分は落ち込み、肩こりと首こりを感じやがて緊張型頭痛へと

遷移した。デパスを飲んでいた時期に近い不調に次ぐ不調。

 

夕方、進捗報告ミニ定例で、よい報告が出来ないものだがら、

終始口調が暗くなってしまった。

さらに、今後更に業務負荷が増すという説明がされ、溜息をついた。

 

定時で仕事を終え、何もロクな仕事が出来なかかったことで、

夕食も半分食べるのが精いっぱいで、食後、すぐに胃もたれになった。

 

日課のラジオ英語の勉強は、2日連続で出来ていない。

気持ちがそこへ向かうことが出来ない。

 

日誌に、「辞めたい」「消えたい」「去りたい」いつもの3点セットを

乱雑に書いて無造作に閉じたところ。