こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

お恵みを頂きました

災害級の暑さに意識が朦朧となり、

会社を辞めたい病と天候不順の恐怖とが覆いかぶさることで、

食欲も無く、力無なくなで肩をがっくりと落としながら、郵便受けを

覗いた。

 

某出版社からの郵便物があった。

 

「月刊○○ アンケート謝礼」という記載を見て、

 

「あー、何だか忘れてけど、懸賞が当たったんだー」と封を開けると、

図書カード1000円があった。500円かと思っていたら1000円。

 

生きるに値しない自分に、このようなお恵みは、申し訳ない気もする。

だが、ありがたい。

もしものとき、金券ショップで換金すれば900円くらいには

なるだろう。そうすれば1日分の食費になる。

 

まあでも、今までに図書カードを金券ショップなどで換金したことは

ないけれどもな。万が一というときは、換金するだろう。

 

その前に、金券ショップに辿り着けるかが、問題になりそうだ。

 

 

今日は、終戦記念日

例年通り、正午の時報に合わせて黙祷をした。

今年は、在宅勤務だったので、広島の日、長崎の日も黙祷をした。

 

侵略戦争だ」「ちがう自衛戦争だ」

という投稿がツイッター上で盛んだった。

 

第一次世界大戦第二次世界大戦はパッケージだと思っている。

当時は、帝国主義で弱肉強食で食うか食われるかの世の中だった。

あれだけの大戦を二度経験して、ようやく目が覚めた。

日本や欧米諸国がやっていたこと全てが間違いだったという事だ。

 

黙祷の後、そうめんを頂いた。