こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

カップラーメンがふくれっ面

今日は出社した。

 

久しぶりに電車に乗ったので、運土不足で足が弱っているため、

車両の揺れについていけず、ヨレヨレになりながらだった。

 

ぐったりしながら、業務をこなした。

定時まで、途中、一度も席を立つことがなかった。

脱力感が酷く、立ち上がって歩く気にならなかったからだ。

水分はよく採っていたのに何故か尿意がなかった。

 

さて、帰宅後、あまり食欲が無かったのだが、

買いだめしたカップラーメンの消費期限が迫っている

ものが何個かあるので、どれを食べようか物色したのだが、

どれもこれもカップラーメンがパンパンに膨れ上がっていた。

今にも、ふたを突き破るのではないかというほどのレベルだ。

何故こうなっているのか理由は分からない。

連日の暑さで、こんなことになるのだろうか。

 

その中で、もっともふくれっ面をしていた

富山ブラックラーメンを選んで食べた。

味は全く問題無かった。