こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

打率の低さを嘆く

今日は出社した。

外注業者に、通信仕様と不具合解析の進め方のレクチャーのためだ。

(本当は、正社員に教えたいのだが、工数不足と相手方から拒否感を

発せられているので、ほぼ諦めた)

 

肝心の外注だけど、理解度が低くて、何回も同じ内容の説明をしているのに、

同じ質問が何回も来る。

こちらも、頭を抱えながらの対応してきた。

その甲斐あってか、ようやく最近、話が通じるような場面が増えてきた。

 

炎上案件の一部も、協力してくれるようになり、

ある案件では、彼らの解析によって原因が判明したものもある。

 

これで、少しでも自分の負担が減る方向になることを期待していた。

 

ところが、その外注は来月末で契約が満了になるという通知が

あった。

 

先週、毎度おなじみの無能な経営陣の意向で、急遽決まったらしい。

 

今までのレクチャーが、全て水の泡になった。

こんなことばかり続く。

やってもやっても形になって残らない仕事ばかりだ。

 

こんなことだから、自分の仕事・スキルが、誰にも継承されず

結局、自分に丸投げされる。

加えて別な仕事・割り込みも舞い込んでくるので、負荷は増える一方だ。

 

これでは、神経性胃炎、睡眠障害、緊張型頭痛などの適応障害

良くなるわけがない。

 

退職、もしくは部署異動という話を夏休み前にしたのだが、

それも、もう無かったことに扱われていそうだ。

 

今晩10時から、下記のラジオでTBSラジオでも聴いて気分を落ち着かせたい。

 

chance2017.hatenablog.com