こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

昨日の出社にて

昨日は出社。

実機を使って動作を確認したい内容があったのが出社の主な目的。

予想していた通り、重い懸念が見つかったので関係者にアラートメールを出した。

もちろん誰も反応してくれない。

次回の定例で、声を荒げないと事の重大さを感じないのだろう。

同じ目線で働いてくれる人が、あと一人でもいれば、

自分がここまで心身壊れずに済んだのだが、

この損な役回りは、ここにいる限り永遠だろう。


午後、部署内でグループ分けがあったので、新メンバーと顔合わせ。
ボスは自分の体調の悪さを知っているようだった。
でも新しく来たメンバーは、
別業務にどっぷり浸かっているので、こちらへの協力は一切出来ない

ということだった。

 

それなのに、メンバーが増えたと勘違いしている経営陣は、

どこにも受け手の無い仕事をうちのグループにねじ込もうとしている。

どうしようもない連中だ。繰り返し今の3倍働けと行ってくる。


「もうそうして欲しいなら、まずお前が1日を72時間に増やしてから物事を言え!」

とでも言い返してみるか。

 

帰宅の準備をしていたら、今度は別機種で、顧客から問い合わせメールが来た。
いつものように、情報不足で通信ログだけ添付して解析しろという丸投げスタイル。
もちろん、自分以外に対応できる人がいないので、自分がやるしかなくなる。

一時解析だけを返答して、これ以上巻き込まれたくないのでPCを落として帰宅した。
週明け炎上かもしれない。出社拒否したい。

 

胃腸薬が足らない。デパスも欲しい。