こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

残業代全額支給ってわざわざ書くことかしら

スカウトメールが来るたびに、詳細を確かめるのが日課になっている。

 

ページに飛ぶと、いろいろなアピールポイントを、

大きな文字や目に留まるデザインを駆使して訴えている。

 

・定着率96% 

・Web面談OK

・リモートワーク導入

・残業月平均10時間

・フレックス制

 

などなど

 

定着率は、どのような計算方法なのかな~

 

残業平均10時間というのは、その応募職種の平均?全社の平均?

 

フレックス制って、ソフト開発業界では当たり前では?

 

など突っ込みながら閲覧している。

 

 

 

その中で

 

「残業代全額支給」

 

ってのを見かけることがある。

 

全額支給。。。それ当たり前なんだけど、払わないと法律違反なのだが。。。

 

わざわざ書くという事は、昔は払っていなかったのか?

 

残業をつけさせない雰囲気があるのかしら? と勘ぐってしまう。

 

これと似たような記載で、

 

「基本給の中に見込み残業20時間含む。超過残業分は別途支給」ってもある。

 

だからだから、払うの当然なのですけどね。

 

当たり前のことを何で胸張って言ってんだろうか?

 

 

その理由は、

 

我が社は、ホワイトですよ!と主張したいからなのだろうけど、

 

逆を言えば、まだまだ残業を支払わず、従業員から搾取しまくる

 

違法会社がたくさんこの世に存在するということを物語っている。

 

 

 

この記事を書いている最中に、某企業から「お祈りメール」が来た。

 

年齢的に厳しいのはもちろん、勤務地や給与の条件もかなり限定しているので、

 

難しいのだろうな。面接のときに、そんな感じの事を言われたしね。