こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

やっぱり自分を生きていない

某企業との一次面談に合格して、次回最終面接に進むことになった。

 

でも、自分のことをあまりにも高く評価しているのではないか?と不安になった。

 

AIやIoTを駆使したロボットや次世代ゲームの開発責任者というポストを考えている

 

と言われた。

 

自分には、荷が重すぎる。アンマッチ過ぎる。面談受けてて恐怖を感じた。

 

 

システムエンジニアという肩書で、今までやってきたけど、

 

SEは、半分くらい雑用みたいなのものだ。

 

顧客へ頭を下げ、社内調整に明け暮れて、作業の見積もり、外注業者の面倒見、

 

要は何でもかんでも名前を出されて担当窓口にされてしまう。

 

専門分野の知識も必要だけど、専門だけやっていれば良いなんてことはない。

 

そんな負荷に耐え切れず、今、心身不調でモチベーションマイナスに

 

陥ってしまっている。

 

 今日面談した会社のSEや責任者は、どんな守備範囲で業務しているのか

 

分からないが、話を聞く限りでは、今の自分なんかよりも、

 

更に負荷を抱えているのにも関わらず、良質なアウトプットを

 

出し続けているように感じた。

 

とてもじゃないが、自分では対処出来ない。

 

 

 

別にモノづくりに関わるのは、嫌ではない。

 

でもこれからは、少し肩の荷を下ろした感じの仕事を希望している。

 

しかし、今日の会社から求められているのは、ハイレベルな内容ばかりだった。

 

このまま選考に進んでも、結局、やりたくない(こなしきれない)範囲の業務に

 

配属されそうだ。

 

これでは、「自分を生きていない」を選択することになり、

 

「我慢」の先はまだ「我慢」だったということになってしまう。

 

エージェントには、そのあたりの悩みを伝えたが、彼らは紹介料が入れば

 

いいのだから、無関心だろうな。

 

もう、ここで辞退した方がよいのだろうか。

 

辞退の方に傾いている自分の正直心。

 

 

心身ボロボロだから、開発業務のサポート役とか製品評価をするとかの

 

少し遠いところでの仕事をこなして(給料が何割か減るのは受け入れる)、

 

そのうち、設計への意欲が沸いてきたら、最前線に戻るというキャリアパス

 

を受け入れてくれないのだろうか。

 

 

自分の年齢層になると、リーダーやマネージメントという負担の大きいポスト

 

じゃないと採用が難しいけど、これもおかしいと思う。

 

全員が、リーダーをやりたいわけではないし、適性がない人だっている。

 

気楽なポジションの方が自分を発揮できる人もいるし、給料は少なくても、

 

それで満足という人もいるし、要は人の考え方それぞれだ。

 

自分のように、長年のリーダー業務で疲弊し空気が抜けてしまい、

 

シフトチェンジしたい人だっているだろう。

 

もっと柔軟な転職市場、働き方の選択になってほしい。

 

 

このまま今の会社に残るのも適応障害地獄、転職先も地獄で即ドロップアウト

 

履歴書に傷が付くだけ。

 

ならば、セミリタイア突入かと言っても、逃げ切れるだけの資産がない。

 

どう進むのか、完全に困りました。