こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

お祈りと出社しない人とストレスと

昨日、ある大手技術者派遣会社からお祈りメールが来た。

求めているスキルと乖離があるというのが理由だったが、

一番のネックは年齢だろう。次に、家の状況。

もう何連敗もしているので、何も感じなくなってきた。

応募して一週間経過しても、次の選考連絡が来ない場合は、

ほぼお祈りになるということも傾向で分かってきた。

別に、そんなこと分かっても、何の肥やしにもならないけど。

 

 

社内に目を向ければ、いつもの人が、今週出社していない。

先週末から、少し追い込まれる状況にあったので、「来ないだろうな」と

予測は出来ていたが、その通りになった。

そして、いつものように、残された自分たちに問答無用に仕事が転送されてくる。

どこまで進んでいたのかも分からない状況と「またかよ」という思いで、

完全にやっつけな雰囲気。だいたい月に一度このようなことがある。

我々がどうにかこうにか対処しても、休み明けの彼は、

それが当然というふうに思っているらしい。

反対に、自分が休んだ場合は誰も業務代行せず、放置されたままだ。

これだから、この職場にいる限り、いつになっても前向きな気持ち

になれないんだよな。

 

 

外部には、我儘勝手な顧客がいて奴隷のように使われ、またも突然の仕様変更

が入ってきた。

 

職探しは難航。

 

迷宮の真っ只中にいる。

何とか吐かないように、胃腸薬を服用した。