こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

全力で走ったにも関わらずアンパイアはアウトを宣告した

今日は在宅勤務だった。

 

数社に応募し、面接や適性検査、応募書類の更新などに追われた一週間だったが、

良い結果は何も得られずだった。

内野安打でもいいからと全力で走っても走っても、全てアウトを宣告された。

 

応募企業の面接が終わるとすぐに、エージェントに電話をする約束になっている。

自分は、愚直にそれを守る。

 

そして更に応募企業へプッシュして欲しいと話すのだが、エージェントは

「任せてください」と威勢良く返事するも、よく忘れてしまうらしい。

 

今週は、電話したことすら忘れており、

「面談は、どんな感じでしたか?お聞かせください」

などと呑気なメールに草生えた。

面接日程の調整ひとつとっても、この日は駄目と言った日を提案してくる

こともあった。何か抜けてるんだよね。仕事で天然は勘弁してくれよ。

 

このように自分ではどうすることも出来ない外乱にも、悩まされている。

付き合っているエージェントは2社だけど、もう2社くらい加えてみようかしら。

次に加えるとしたら、業界最大手のRとDか。

でも、遅いよな。なにせ、精魂尽きて活動するライフがもうほとんど残っていないし。

 走るのを止めて、そのまま突っ伏していた方が自分には合っている。