こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

体調が徐々に下降線 会社辞めたい

さきほど、在宅勤務を終えた。

 

ちょっとした組織変更があり、周りからの評判がよろしくない人がやってきた。

日々体調が悪いのに、更なる懸案事項が覆いかぶさってくることになり、

食欲がまた落ち気味で、入眠障害が出始めた。


振り返れば、この部署に異動してきて3年半・・・

毎日、出社するのが苦痛で仕方ない。

 

年に一度、会社が実施するストレスチェックの設問

「ここ一年で仕事への意欲がみなぎることがあったか?」に対して

「全く無かった」に迷うことなく〇をつけるやる気ゼロの超低空飛行だ。

このブログを始めたきっかけも、現実から逃げたいという気持ちがあったからだ。

 

顧客からは、罵倒され、ナンセンスなクレームにも丁寧な対処を求められ、

顧客自社製品の仕様も管理できない意味不明な質問に追いかけ回されている。
それだけも疲労困憊なのに、社内の体制にも頭を悩まされている。

 

今月末で密に仕事をしていた人が複数去るので、かなりの痛手になる。

どんどん人が減ることで、

顧客渉外、設計・検証が出来る人が自分以外にいなくなりつつある。

 

海外へ業務委託しているが、彼らは技術者とは程遠く、ただのトレーサー。
顧客窓口など出来るわけも無く、ただ口を開けて指示待ちの連中ばかり。
言われたことだけを何の疑問も持たず、工夫もせずにやって、成果物の中身が

とても出来が悪くミスも多発するので、
結局自分たちが対応する羽目になるという効率性ゼロ組織。


何度教えてもすぐに忘れて、不具合を発生させて、

自分たちが矢面に立たされて被告人席に呼ばれる。

 

元々あった回避性思考が、この組織になってさらに強くなった結果、

セミリタイアしたいと考えるようになった。

 

自分を生きていない、生きられない時を過ごしていると思う。