こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

春よ来い

月曜日から、先週出火した炎上案件の続きに追われた。


顧客から送られてきた不具合?通信ログの解析結果を送付したが、

よくわからんということで会議を要求された。


面倒くさいなと思いながらも、会議に応じて、現在の設計内容を
説明することになったのだが、実は過去に6回も既に説明している内容だ。

今回で7回目。。。機能仕様を全く理解していないということが、
またまたまたまたまたまたまた、不本意ながら確かめる結果となった。

 

そして、今回の現象をどのように処置するかについては、

まだ決着に至っていない。

他社の機器の挙動が明らかに変だという事は、理解してくれたようだが、
多分、毎度のごとく、我々の製品側で何とかお助け処理を検討してくれという話に
なると思う。

しかも、上手く丸め込まれて無償で対応することになるだろう。。。

こんなビジネスモデルだから、毎年負債額が増えていく一方。

 

組織変更とリストラを繰り返すことで、従業員全体に会社への帰属意識

希薄化している中で、このような金にならないマイナスなやっつけ仕事が

やってくる。

 

そりゃやる気だって削がれるに決まってる。

 

量的、質的ストレスを受けて首や肩が凝り始まると緊張型頭痛になる。

そこから睡眠障害、食欲不振という流れをここ3年半くらい繰り返してる。

ただただ使い捨ての労働力として生きてるだけでは?と感じる日々。

 

顧客への説明疲れで、残業は1時間でやめておいた。

しかしながら、PCをシャットダウンする寸前に、別なモデルの市場不良の

一報メール。自分の担当外のモデルだが、多分自分が最前線に立たされる

だろう。もう無理、無理だ。

 

唯一の希望、本日抽選のロト6の外れを確認して、

更になで肩をガックリさせたところ。