こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

岩の向こうに荒れ果てた棚田

朝起きての第一声は、

「早く会社を辞めないと」

1年365日のうちで347日くらいは、こう呟くのが決まりになっている。

平日も休日も関係なく無意識に発してしまう。

 

朝食は半分残すのが当たり前。胃が勘弁してくれと叫んでいる。

 

在宅勤務の日は、パソコンを立ち上げるときが恐怖の瞬間。

出社する日は、玄関を出るときが絶望の瞬間。

メールソフトをダブルクリックしたものなら、

「welcome to hell」と言わんばかりに、新着メールがドカッとやってくる。

メールタイトルに「緊急」「火急」「市場不良」「起動せず」「診断エラー」

などのワードがあったら、PCをシャットダウンしたくなる。

(実際、体調不良で休みますメールを出して、PCをシャットダウンしたこと有)

 

そして今日も、メールを転送するだけで仕事をしていると誤解している連中から、

何通もの丸投げメールを喰らった。別に自分じゃなくても、いくらでも応じられる

内容だから無視しようと心に決めたのだが、真面目なバカ根性が出てしまい、

ついメールに返信した。そうすると、もう最後まで付き合わなくてはならない。

 

苦悩の泥沼に沈み込みそうになる中、自責が始まる。

「いつまでも、こんな組織にいるお前が悪い」

「15年以上宝くじを買い続けても当てられないのが悪い」

「投資なり、副業なりで、収入を得られない無能な自分自身の責任だ」

 

全部その通りだ。全く反論の余地が無い。

凡人にも成りきれていない自分を惨めに思う。

 

なさけなくて目がしょぼしょぼしてきたが、これは花粉症が始まったの

かもしれん。