こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

このポジションに悔しさ滲む

先週の残業は13時間だった。

 

市場不良の問い合わせが増えつつある。

直接自分が関わってもモデルでは無いのだが、

そこにいるというだけで、無理やり担当にされてしまう。

 

疲労困憊で、仕事中、頭の血管ピクピクすることがある。

あとは、目の周りの筋肉がけいれんするようになってきた。

明らかにオーバーワークなのだと思う。

 

多少、残業が増えたりプレッシャーが強くなっても、

周囲のサポートがしっかりしていれば、持ちこたえることが出来るのだが、

ほとんどの人間が、関わりたくないといった態度で静観している。

関わりたくないというよりも、彼らが、そもそもノースキルという事情がある。

 

顧客との不具合報告会のweb会議には、そのような連中も大挙参加してくるのだが、

彼らは一言も発言せずに、自分のような最前線に立たされる歩兵が

顧客にやり込められているのを野次馬として聴いているだけだ。

 

では海外の設計部隊はどうか?と言えば、彼らは、ある程度経験を積むと、

良いところを見つけてサッサッと転職してしまうし、言葉の問題があるので、

顧客窓口担当とするには、大きな壁がある。

 

国内の後方支援部署みたいなのが多過ぎる。

後方支援と言っても、「調査、解析対応、顧客報告書作成願います」

と一言だけ添えてメールを転送するだけである。

 

まったく何でこんなポジションに固定化されてしまったのか。。。

悔しくて悔しくて。。。

今の部署にさえ異動して来なければ、何のことは無い会社員勤めが出来ていた

であろう。異動希望を何度出しても認められないし、社内公募制度も消滅。

 

もうすぐ異動してきて4年近くになるけど、あの異動が分岐点だったと痛感する。

当時、「プロジェクト全体をみてくれる人が欲しい」ということで、自分に

声がかかったのだが、こんな仕打ちを受けるとはね。