こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

明日が来てしまう

・他社製品との通信シーケンス確認、立ち会い

・顧客の内製ツールとの通信シーケンス確認、立ち会い

・顧客から大量に送り付けられるログ解析

・社内のみで発覚しているバグが市場で発生しないかの恐怖におびえる日々

・複雑な仕様の特殊製品に関する機能の問い合わせ、報告書作成、説明

・他社製品のバグをこちらの製品で救済した内容の問い合わせ、説明

・自分がこの部署に来る前の製品に対する問い合わせ

 

自分では無くても、過去の設計経緯を知っている人間が、まだ何人か

いるのだから、せめて分担させてほしい。

いくつかは、分担しようと試みたが、ある程度出来るようになった人を、

別の仕事要員として取られてしまう。結果、全てが自分の身に戻ってくる。

さらに、新しい仕事をアサインされるので、負担は倍々になっていく。

 

担当者が曖昧な領域の面倒なことに、良かれと思い少しでも反応を示すと、

その瞬間に全部自分が負う事になるこの企業体質は何とかならないものか。

 

適度なストレスと適度な業務量、公平感のある作業配分がなされていれば、

ここまでぶっ壊れることはなかったのだろうけどな。

 

 朝から胃が重くて、午後になると不安感に伴い緊張型頭痛に悩まされている。

明日は、在宅勤務にする予定だが、パソコン起動したくない。