こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

寿命を縮める三つの悪習慣とは 三冠制覇

ネットで見つけた記事

 

日本人がよくやりがちな健康寿命を縮める三つ悪い習慣がある

 

第三位 運動不足

 

運動したくても時間が無い、継続できないという人は多いだろう。

一日30分、少し汗ばむ程度のウォーキングで十分だという話だが、

外出自粛、在宅勤務などで家時間が多いから、運動から遠ざかる生活が

すっかり染みついてしまっている。

せめて外出した時には、駅では階段を使ったり、

会社内でのトイレは遠い場所を選んだりしているが、それでも一日3000歩程度。

 

第二位 孤独

 

会社での孤独・孤立は3年以上。在宅勤務によって、コミュニケーション

能力の低い自分には、更なる試練となっている。

家でも、無口なので、土日なんかは誰とも口を利かない。

こうなると心疾患リスクや認知機能の衰えが高まる。

認知機能低下に関しては、既に自覚はある。

最近、物忘れがひどい。例えば庭先にいるとき、

「部屋から〇〇を持って来ようと」と、自室に入るのだが、何のために

ここへやってきたのか忘れてしまうことが多々ある。

よく考えなおせば、思い出せるのだけど、以前はこんなことはなかった。

 

第一位 睡眠不足

 

これは10年、20年と長い時間をかけて、ジワジワと効いてくる厄介なもの。

睡眠時間が6時間未満の人は、がん、心筋梗塞、認知機能、うつ病、そして自殺

のリスクが大きく上昇する。

睡眠障害と言えば、自分の十八番。

これの原因は、職場のストレスで自律神経が乱れたことによるもの。

 

自分には三つとも完全に当てはまる。

神経質な真面目なバカにとって、三冠制覇なんて簡単だ。