こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

残業378時間だと、自分のサラリーでどれくらいの支給額か

先週末、西村経済再生相の配下の

新型コロナウイルス感染症の対策推進室(コロナ室)で、

1月に378時間の超過勤務(残業)をした職員がいたというニュースは、

ご存知の方も多いでしょう。

 

自分の若いころは、残業100時間超えなんて、当たり前の時代だった。

それくらいやらないと、生活できないほどの安月給という事情もあった。

○ニーという会社自体が、残業無制限一本勝負の精神性をもち

オフィスビル不夜城で有名だった。

それでも、最高の残業時間は155時間だったと記憶している。

 

今回は378時間の残業。総労働時間ではなく、残業だけで378時間ということだ。

総労働時間を加えると378+160=538時間になる。

1月は31日までなので、30×24=720時間。

労働時間の占める割合が74.7%にもなり、よく生きていたなというのが実感。

もし自己都合退職しても、ハローワークで意義を訴えれば、

間違いなく会社都合にひっくり返せるだけの鬼勤務時間。

 

 

さて、もしも自分が残業378時間したら、翌月の残業代はどれくらいに

なるのか計算してみる。(弊社ルール、自分の残業単価で計算)

 

超過勤務の区分けは、通常残業時間と深夜残業と休日出勤になる。

(これだけの超過勤務だから、当然、休日出勤もしていただろう。)

 

18:00~22:00までの通常残業時間を80時間 

22:00~朝7:00の深夜残業を128時間

休日出勤170時間

として分けてみた。

 

次に残業単価はこうなる

通常残業(130%割増) 3,100円/時間

深夜残業(145%割増)    3,450円/時間

休日出勤(150%割増)    3,570円/時間

 

以上から、

 

総残業手当=3100×80+3450×128+3570×170=1,296,500円

まいど!所得税で相当引かれるだろう。

それでも、基本給を加えて手取り120万ほどは確保できそうだ。