こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

NHKBS1 「最後の講義」を観て

先週土曜の夜に、NHK BSで放送された最後の講義。

講師は、上野千鶴子先生だった。

終始、気づきが多く非常に興味深く観ることができた。

 

番組の最後に、これからの超高齢化社会をどうすべきかという指針が

示され、深く響いた。以下4点。

 

・ 安心して弱者になれる社会を

・安心して要介護者になれる社会を

・安心して認知症になれる社会を

障がい者になっても殺されない社会を

 

強者はいつまでも強者でいることは出来ない。

誰でも、いつ弱者になる可能性がある。

 

先生は、「認知症予防」というのが非常に嫌いだという。

 

認知症になるのは自己責任なのですか?

認知症予防していなかったあなたが悪いんですか?

そんな社会が来てしまっていいのですか?

誰だって好きで認知症になるわけじゃないし、コロナに感染する

わけではない。

 

  老後の心配は「お金」「健康」「孤独」の3つと言われている。

三冠制覇へ視界良しの自分には、この番組全体が示唆に富むものだった。

 

 

それでも、

消えたい、辞めたい、去りたいの状況は一切変わらない。

明日辞めたい。退職金はいらない。

 

嫌な事で死なないように、命を優先したいのだけど、

それを許してもらえる雰囲気が無い。