こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

怖い人との交渉に今から恐怖感

会社設備手配の事で、いろんな人に聞いて回ったけど、

誰も詳しい人がいない。

皆、異口同音に「○○さんなら分かるかもしれない」と言ってくる。

 

実は、うすうす自分も、そうだろうなと思っていた。

 

しかし、○○さんと話すのは大の苦手。

いいや既に苦手を通り越して怖くて怖くて近寄れない。

因みに、○○さんは自分よりも一回りも年下の契約社員

 

2週間前に一度、○○さんへメールで質問したのだが無応答。

(自分のような空気みたいな人間の)メールなど忘れているのか?

アドレス振り分けで、ゴミ箱フォルダーへ直行なのか?

 

過去話したことは何度かある。

いつも最初は、優しめの口調で話しかけてくるのだが、

突然、ドスの効いた声に変調する。

 

 

それが怖い。

 

 

何かまずいことを言ったのかどうかも見当がつかない。

あと、早口でまくし立てて来るので、こちらが話を咀嚼する間を与えない。

聞き返すと、さらに早口で返してくるので始末が悪い。

こんなことを何度か経験するうちに、極力避けて遠ざけて距離を保ってきた。

 

でも今回ばかりは、避けて通れそうにない。

 

ただでさえ、仕事のストレスで気持ちが落ち着かず、

今も貧乏ゆすりが止まらないのに、ちょっとした設備の話をすることですら、

大きな障壁になっている。

 

今晩、抗不安剤を飲んで、明日の朝も飲まないと、前に進めないかもしれない。