こころの定年 セミリタイア

悪い我慢を続けて人生を棒に振った人  不器用にしか生きられない

休み明けはきつかったよ

朝、仕事に関する悪い夢で目を覚ました。

常日頃、気になっていた事案がこじれにこじれて、いかなる手を打っても、

泥沼にハマっていく夢だった。

 

寝床で

「(会社に)行きたくない」

とボソッと呟いた。

30分くらい布団から出られずにいた。

 

それでも、連休明けは、海外現地法人からの問い合わせが溜まっていること

が多いので、何とか少しでも処理しないとという使命感から、

いつものように、自分を頬を引っ叩いて洗面所へと向かった。

 

毎度のごとく「オエッ」となるかと思ったが、そうならなかった。

それでも朝食はあまり口に出来ずに、会社へと向かった。

 

行きのバス内で、高齢者2名がマスクもせずに、ワクチン予約について

会話していた。自分は阿修羅面怒りでかれらを睨んでいた。

 

何とか会社についたものの、いつもの人から休みますメールが来た。

こういう事でも気分が更に害される。

 

新しい組織のフロアーを覗いてみたが、多くが在宅勤務していて

顔合わせが出来なかった(有給休暇取得してる人も多い)

 

いくつかの問い合わせに応答して、業務を終えた。

連休明けで久しぶりに人が多い場所を行動したので、

気が張り詰めていた結果、帰宅して疲れがどっと出た。

 

明日は在宅勤務したい。