こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

ほどんど晴れなかった

早朝、かなり強い大粒の雨音で目を覚ました。

それでもしばらく布団に潜り込んでいると、

そのうちにタイマーセットしているラジオが起動した。

ニュースや天気予報を一通り聴いた後、起き上がり洗面所へ。

「オエッ」は無かった。

 

朝食は、安定の卵かけご飯。

食欲が無くても、これだと食べることが出来るので、定番メニュー

になっている。

 

いつもの整腸薬を飲んで、チコちゃんを横目で見ながら支度。

外を見ると、午前中は晴れるという予報だったのに、空一面、分厚い雲。

雨がパラついてもおかしくないような雲。

クロスバイクで出かけるつもりだったのに、

予定を変えて車で出かけることにした(運動不足に拍車がかかる)。

 

向かった先はスギ薬局

目薬が使い切りそうだったので、同じものを15%オフクーポンを使い購入。

来週分のクーポンちらしを貰った。

 

次に図書館へ

ドストエフスキーカラマーゾフの兄弟」上巻を借りてきた。

中巻、下巻の3冊という大作で、いずれも600ページ前後は手強そうだ。

 

chance2017.hatenablog.com

 

あっけなく挫折した場合のために、もう一冊借りてきた。

 

セミリタイアというかリタイアというかのんびり生活している著者の本

は、過去に読んだことがある。

(手にしたのは、今のような心労を発してからだったと記憶している)

印象に残った文章を手帳に書き留め、今もたまに読み返している。

 

この本「いま、台湾で~」は、

昨年の12月発売なので、おそらく最新作ではないかと思う。

 

機動力ゼロの自分は、移住など考えたことも無いけど、

どんな生活しているのか興味深い。