こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

存在しない人

炎上案件も気にはなるが、今後の自分のメイン業務である新システムの

セットアップの方が、発展性がある。

今日は事前に担当者と約束していた時間に作業開始する予定だった。

しかしいざ作業現場に着くと、その担当者は、自分がお願いしていた準備を

全くしていないということだった。

もっと言えば、全く忘れていたという事のようだった。

 

ショックだった。。。

改めて自分という存在がいかに空気なのかという事を痛感したからだ。

 

先週から何度も何度も工程を予習して、不明点は手帳に書き留めて、

現場で確かめよう準備万端だったのに、全く存在感ゼロの扱いだった。

 

それが自分なのだから仕方ない。

 

今週末に出直すことになったが、次回も同じく忘れ去られてしまうかも

しれない。

 

でも、それが自分なのだから仕方ない。

そう、それが自分なのだから仕方ない。

仕様通りだ。