こころの定年 セミリタイア

悪い我慢をし続けて人生を棒に振った人がこれからどうなるか

カラマーゾフの兄弟 読了

上中下巻で2000ページにも及ぶ長編小説をどうにか読み切ることが出来た。

 

作家と作品の名前は以前から知っていた。

地元図書館の外国作家コーナーでよく見かけていた。

だが、どうしても難解なイメージがあり、

なおかつ長編作品ということで敬遠してた。

 

上巻を読み始めたころは、

登場人物の多さ、人間関係の複雑さ、極めて癖の強い性格らに、

翻弄されっぱなしで、更に人物のセリフがとても長いので、挫折必至かと思われた。

 

だが読み進めていくうちに慣れてきて、どんどんページが進んでいくという

不思議な感覚になった。

 

昨日、下巻を読み終えたときには、最近では、ほとんど得られなかった

達成感があった。

 

なお、ネットで調べると、2年ほど前にNHKの100分de名著という番組に

本作品が取り上げられたらしく、アーカイブが残っていた。

当時、番組に登場した解説者は、最初手にしたとき、途中で挫折したようだ。

自分も若いころだったら、多分読了出来なかったと思う。

 

宗教、神、哲学、金、愛、罪、欲

 

などといったテーマが織り込まれている本作品は、世界最高傑作のひとつ

に挙げらている理由が、この小生にも少しだけ理解出来たような気がする。   

 

これでゆるゆりと休める。